コインチェックがマネックスの完全子会社に!詳細な内容と買収価格は?

こんにちは、keiです。

コインチェックがマネックスグループ
の完全子会社になることが決定したそうです。

ちょっとその書類を見ることができたので、
その内容を書きたいと思います。

目次

マネックスグループはいくらで買収したの?

コインチェックのマネックスグループ子会社
の詳細内容

まとめ

スポンサードリンク

マネックスグループはいくらで買収したの?

出典:1億円を貯めてみよう!

マネックスはコインチェックの全株式を
36億円
で取得したそうです。

ある記事のコメントには「安くかったなぁ」と
書いてありました。

仮想通貨業界は今は下火ですが、
そのうち持ち上がるという期待が
大きい分野です。

それを見越して、マネックスグループは
コインチェックの買収に乗り出した
ということでしょうか。

コインチェックのマネックスグループ子会社
の詳細内容

出典:Coincheck

まず書類はマネックスグループから発行して
おり、

当社は、コインチェック株式会社の全株式
を取得することを本日決定いたしましたので、
お知らせ致します。

と書いてありました。

そして、その中にコインチェックの概要があり、
2018年3月31日現在で、

大株主及び特殊比率が、

和田晃一良さん 45.2%
大塚祐介さん  5.5%
その他     49.3%

とありました。

あの若い和田社長が、なんと45.2%も
持っていたのですね。
スゴイです!

そして、2017年3月期の純資産が、

なんと5.4億円

そして、2018年3月期の純資産は、
あのNEMの保証後でも、
2017年の3月期の金額を下回らない
とのことでした。

一体どれくらいの利益があったのか…

そして、コインチェクの新しい経営体制
も書いてありました。

取締役

代表取締役 勝星 敏彦
マネックスグループ(株)取締役兼
常務執行役

取締役   上田 雅貴
マネックスグループ(株)執行役

取締役   久保利 英明
弁護士、日比谷パーク法律事務所代表
(株)日本取引所グループ 社外取締役

その他取締役が2人、監査役が3人います。

次に執行役員

社長執行役員 勝星 敏彦
マネックスグループ(株)取締役兼
常務執行役
マネックス証券元代表取締役社長

執行役員   上田 雅貴
マネックスグループ(株)執行役
元マネックス証券(株)執行役員

執行役員   和田 晃一良
コインチェック(株)代表取締役社長
(代表取締役を退任予定)

執行役員   大塚 雄介
コインチェック(株)取締役COO
(取締役COOを退任予定)

その他執行役員が3人います。

ちなみに取締役と執行役員の違いは、
取締役は経営の方針を決める役員で、
執行役員は経営の決定権はなく、
決められた方針を行う従業員
みたいなものだそうです。

特徴的なのは、取締役に弁護士さんが
入ったことですよね。

ここでしっかりと法律的に監視
するのだと思います。

そして、コインチェック社長の和田さん
が執行役員に下がっていること。

決定権のない執行役員で、でも
コインチェックの仕事はやるという
立場です。

完全にマネックスグループですね。

これで世間は信用できる会社と
みなしてくれるのでしょうか。

今後のコインチェックに注目です。

まとめ

コインチェックは、マネックスグループ
として、再出発することになりました。

元証券会社の社長や役員がガッツリ
経営に入っているので、セキュリティー
が強くなることを期待したいですね。

個人的には、コインチェックは

面白い通貨がたくさんあったので、
セキュリテイーをしっかりしてから
また再開してほしいなぁと思いました。

仮想通貨初心者ですが、「あ、この
コイン、コインチェックで買えたんだ−」
ということがちょくちょくあり、
面白い会社だったんだなぁと思って
いたんです。

これで、少し仮想通貨が盛り上がれば
いいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする