樫本大進(バイオリニスト)の経歴は?バイオリンの値段!高校や大学は?【プロフェッショナル】

出典:matome.naver.jp

プロフェッショナル仕事の流儀に、バイオリニストでベルリンフィルの第一コンサートマスター樫本大進(かしもと だいしん)さんが出演します。

あの世界でも有名なベルリンフィルハーモニーの第一コンサートマスターです。日本人なのになれるのですね。

一体どんな経験をしてベルリンフィルのような有名なオーケストラのコンマス(コンサートマスター)になれたのでしょうか?いろいろ気になったので調べてみました。

目次

樫本大進(バイオリニスト)のプロフィール

樫本大進(バイオリニスト)の高校や大学

樫本大進(バイオリニスト)の経歴

樫本大進(バイオリニスト)のバイオリンの値段は?

まとめ

スポンサードリンク

樫本大進(バイオリニスト)のプロフィール

名前    樫本 大進(かしもと だいしん)

生年月日  1979年3月27日

出生地   ロンドン

職業    バイオリニスト ベルリンフィルハーモニー 第一コンサートマスター

2017年12月現在で38歳。ロンドン生まれでバイオリンは3歳の時からやっています。そして、お父さんの転勤で、ニューヨークに行くことになります。

ロンドンとニューヨーク。あまり日本で暮らしてないのかもしれませんね。

両親は、父親は全く音楽をしているわけではなく、母親もとくに音大を出たわけでもない家だそうです。

出典:チケットキャンプ

樫本大進(バイオリニスト)の高校や大学

樫本さんは、ニューヨークにいたころ、ジュリアード音楽院に通っていたそうです。

ジュリアード音楽院は才能のある小学生から高校生までが学ぶ学校で、音楽部門、舞踊部門、演劇部門とあります。

ジュリアード音楽院は入学するのがとても難しいようで、2012年の合格率は7.2%。10人に1人も受からない試験だそうです。

そんな音楽院に7歳から通っているのは、ものすごい才能があるからなんでしょうね。

そして、1990年、11歳の時に転機が訪れます。ドイツの名教授ザハール・ブロンにドイツに来ないかと誘われるのです。さすがに母親が「そのうちに・・・」と断りをいれようとしたのですが、教授は「11歳からはとても大事です」と断言されたので、リューベック音楽院に特待生として入学し、ブロンに教わりました。

名教授に見込まれるとは、よっぽどなのですね。日本で音楽を学ぶより、ドイツで学んだほうがはるかに成長できますものね。

19歳までハール・ブロンのもとにいましたが、それからフライブルク音楽大学に移っています。そこで、ベルリン・フィルのコンサートマスターを務めていたライナー・クスマウルに教わっています。

ベルリン・フィルとの縁はここからなのですね。

次のページは樫本大進さんの経歴と、バイオリンの値段について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする