ちびまる子ちゃんの新エンディング(最後の曲)の歌は誰?作詞や作曲も!歌詞も調査!

出典:www.toy-garage.jp

ちびまる子ちゃんのエンディング(最後の曲)が新しくなりました!桑田圭祐さんの「100万年の幸せ」は終わったのですね。

ではさっそく新しい歌についていろいろ調べてみたいと思います。

目次

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲を歌っているのは誰?

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲の作曲は誰?

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲の作詞は誰?

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲の歌詞は?

まとめ

スポンサードリンク

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲を歌っているのは誰?

まず、新しい曲の曲名は「すすめナンセンス」です。

そして、ちびまる子ちゃんの新エンディング曲を歌っているのは、なんとPUFFYでした!

懐かしい人ですね。どこかで聞いたことある声だなぁと思ったらPUFFYでした。

どうもちびまる子ちゃんのエンディング曲は、若い人ではなく、昔のビック歌手が歌っている気がします。「走れ正直者」は西城秀樹さんでしたし、「100万ねんの幸せ」は桑田圭祐さんでしたしね。

あー、でもPUFFYはちびまる子ちゃんの曲に合っていますね。納得です。

出典:モデルプレス

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲の作曲は誰?

新エンディング曲の作曲は織田哲郎さんです。以前にもちびまる子ちゃんの曲を作曲していたようです。

織田哲郎さんのコメントがありました。

PUFFYの二人と初めて会ったのはもう20年以上も前なのに二人の変わってなさったら何なの。びっくり。そして二人が歌い始めた途端にそこはすっかり心地よいPUFFYワールド。さくらももこさんの独特の世界感がPUFFY色に広がってとても素敵な作品に仕上がったと思います。

出典:ちびまる子ちゃんオフィシャルサイト

以前にもPUFFYに曲を提供していましたからね。息もピッタリです。

新曲は作曲家もすごい人です!!

出典:Billboard JAPAN

スポンサードリンク

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲の作詞は誰?

さて、この「おすすめナンセンス」。作詞はちびまる子ちゃんの原作者、さくらももこさんです。

作詞をするにあたり、コメントがありました。

久しぶりに、ものすごくナンセンスな歌が作りたいと思ったんです。ナンセンスな歌といえば私にとって織田哲郎さんなんです。『おどるポンポコリン』と『走れ正直者』以来の、織田哲郎&さくらももこナンセンスワールドを作りたいと思ったとき、パッとPUFFYが浮かんだのです。本当にとても愉快な歌ができました。こんなに面白い創作ができて喜びでいっぱいです。

出典:ちびまる子ちゃんオフィシャルサイト

織田哲郎さんとさくらももこさんのナンセンスワールドだったのですね(笑)

確かに、ちょっと、なんというか???な歌詞でした。

ちびまる子ちゃんの新エンディング曲の歌詞は?

この「すすめナンセンス」の歌詞は、さくらももこさんが狙ったとおり、やはり不思議な歌詞です(笑)

ちょっと頑張って歌詞を拾ってみました。

すすめナンセンス

すすめナンセンス

♪チャンチャンチャンチャカチャーン

チャンチャカチャンのホイサ!!

よくある看板 曲がれば そこは サッカーリーグのまっ最中 なんでこうなったの いつからこうなったの わかんないけど ひたすら走れ!!(1,2,3ハイ)

回り続ける 地球の上で 急がば回れは のんき者だよ(ハーヨイヤサのサー) 

インコがおしゃべり あら不思議 サンタのおじさん 夏はヒマ アンア~ アアア~ 何が真実 

ヒントは波乗り 不安定 近所のロコモコ もういっちょ アンア~ アアア~ ふざけたキミの くちびる青し 

すすめナンセンス 

すすめナンセンス

以上です。どうでしょうか?PUFFYの声に織田さんの曲でこの歌詞が流れると、なんともいえないPUFFYの雰囲気になります。

初めてこの曲が流れたのに、なぜかもうちびまる子ちゃんの世界にハマっていたのが面白かったです。いやぁ、ピッタリですね♪

最後の方の くちびる青し で藤木くんがでてくるので、ちょっと笑えますよ。

まとめ

ちびまる子ちゃんの新エンディングは、作詞がさくらももこさん、作曲が織田哲郎さん、歌はPUFFYでした。

歌詞が面白く、曲もPUFFYもちびまる子ちゃんにピッタリでした。

エンディング、しばらく楽しめそうですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする